ご出産を機に家族が増えて、これまでより楽しい日々が待っています。

その分お金も必要になってきますが、赤ちゃんが生まれると色々なところからお金がもらえます。


そのほとんどは申請をするこ
とによってもらえる給付金なので、忘れずに申請しましょう。

赤ちゃん

まず、赤ちゃんが無事に生まれると『出産育児一時金』が健康保険からもらえます。


およそ4
2?45万円くらいですが産院に直接振り込まれるようにすることもでき、そのおかげで、分娩費用を立て替えて払うことを避けられます。

また、出産育児一時金は、雇用の有無を問わず給付されます。


また、雇用されてい
る方で産前42日から産後56日の間に給与が出ない場合は『出産手当金』が健康保険からもらえます。

受け取れる金額は、日給の3分の2を完全産後休暇の日数分です
例えば、月給30万で出産予定日に赤ちゃんが生まれると、(30万÷30日×2/3)×(42日+56日)=約66万円という計算になります。


そして、自治体に出生届を
出すときに説明がありますが、『児童手当(子ども手当)』も受け取れるお金の一つです。

これは自治体から給付されるもので、子どもが0歳から中学生まで、毎月5000?15000円を受け取れます。


これは、子供の年齢や
親の所得によって金額が設定されています。

また、毎月受け取れるものではなく、2月6月10月の3回に分けて4ヶ月分ずつ給付されることになっています。


この児童手当は
雇用の有無は問いません。

また、雇用されている方は、育児休職を取得する場合に『育児休業給付金』を受け取ることができます。


これはハローワークと呼ばれる雇
用保険から受ける給付金です。

赤ちゃんが1歳になるまで受け取れ、金額は以下のように計算されます。


�@=産休に入る前の
6ヶ月の給料合計を180で割ったもの育児休業給付金=�@×育児休職する日数×50%(休職期間6ヶ月までは67%)さらに、産休に入るまでに12ヶ月以上の勤務実績があるなどの条件があります。

手続きは雇用主が行うこともありますので、手続きの仕方は職場に確認すると良いです
法的に定められている給付金で、唯一男性でも取得できるのがこの『育児休業給付金』で、父親が育児休職を取得した場合にも同様の計算式による給付金が支払われます。

その他にも、ご自身が加入されてる保険や職場でのお祝い金などがあることもあります
赤ちゃんが生まれてしば
らくは必要書類を準備したり書類を書く手間暇がなかなか無くなることもあるので、産前に手続き方法の情報収集や書類等の準備をできる限りしておきましょう。


赤ちゃん
が生まれたらもらえるお金は、すべて申請が必要です。


そして、申請期
限があるものも中にはあります。

もらえるお金はしっかり受け取れるよう、申請漏れに気をつけましょう。


自動車保険の更新

最近熱くなってきて、夏バテしようだったので、こういうときこそ塩分と水分、たんぱく質、アミノ酸のとれる味噌汁を飲もうと、昼に作りました。暑くて味噌汁なんてしばらく作ってなくてずいぶん味噌のパックをあけていませんでした。季節の野菜を入れて、簡単な粉のだしを入れて、うちは白みそがすきなので、白みそを溶かして出来上がり。ご飯と、はちみつ梅干、キュウリと塩昆布の和え物をお昼にいただきました。味噌汁が体にしみわたる感じがして、とても美味しかったです。ちなみに今日は朝に、サラダと納豆ご飯、べったら漬物、この前食べたたこ焼きの時の青のりの入った卵焼きを食べました。朝にパンの時も一週間に半々なのですが、ご飯のほうが断然腹持ちが良いように感じます。夜はまた和食で、マグロを買っているので、マグロの刺身と、シソを添えて、いんげんの胡麻和え、味噌汁、ごはんでいいかなと考えています。

満腹にならない事を心がけてます。 朝食はパンにコーヒーという組み合わせが多いですが、必ず食べます。昼は夜食べるには少し胃に負担のかかるようなピザやスパゲティ、かつ丼等、少しこってりした食べ物を腹5分目ぐらい食べることが多いです。夜は中華丼や野菜炒め等、野菜を中心にしたメニューです。ご飯は茶碗に100gと決めています。肉の場合は鶏肉中心で魚をなるべく多く食べるようにしています。また大体、腹8分目を心がけています。好きな食べ物はお寿司やウナギです。お寿司の場合はサッパリした中にもコッテリを求めており、サーモンやトロ等が好きです。嫌いな食べ物は食感がギリギリする物が苦手です。

野沢菜等は食べた後、背中がゾクゾクして食べれません。最近は子供がまだ小さいので産地には気を使っています。なるべく九州方面の物を探してネットなどで買うこともあります。3世代家族で外食することが多いので、ラーメン屋やファーストフードといった限られたメニューの所には行かず、ファミリーレストランを利用することが多いです。